医療者にとって都合よくならならないために

医療

医療者にとって都合よくならならないために

医療に関心のある人には、すでにおなじみになっているインフォームドコンセントですが、義務化されたことにより検査や手術をする前に丁寧に解説するドクターも増えてきました。
基本的には患者の病名と病状を正しく伝え、治療に必要な検査の目的と内容を伝えてくれます。
また、こんな治療をしたいという提案と選択肢を提示し、治療のリスクや予想される副作用、成功確率などが伝えられるのが一般的です。
また、予後についても詳しく聞くことができます。
これを教科書通りに実行する医師もいれば、患者のよろしくお願いしますという言葉を同意ととって、どんどん進めてしまう医師もいます。
やはりインフォームドコンセントをしっかり行う医師はその後の信頼感も高いです。
そのため、あまり重視していないような医師であれば、医師や病院を変える勇気を持つことも大事になります。
自分でなく、親が同じような状況に陥った時も、できるだけ説得して変えることが重要です。